menu menu
Loading

あらゆるカジュアル服に合わせて

Elmar Blon, Gießbach München
翻訳:Kohki Kazami

ロリス・ローゼンミュラーが真価を発揮する場所は、オフィスでも結婚式場でもない。ルールを守って静かに過ごす場所ではなく、自分を解放する場所だ。爆音でジャズが流れるバーであり、旅先であり、嵐の中、森の中だ。

こういった場所では、カジュアルな服を着る。それなら、カジュアルな服に合う靴でなければならない。

一般的に、ビジネス・フォーマル用のパンツは、素材に余分な遊びや皺を作らず、色を均一にする。そのイメージを一語で表現するなら「収縮」だ。この足元に求められるものは、ボリュームがない靴だ。

それに対して、カジュアル用のパンツは、素材に余分な遊びや皺を作り、柄や色の濃淡を持つ。そのイメージを一語で表現するなら「膨張」だ。この足元に求められるものは、ボリュームがある靴だ。

ビジネス・フォーマル用のパンツに対してボリュームがない靴を選ぶことで、あるいは、カジュアル用のパンツに対してボリュームがある靴を選ぶことで、脚と足元が繋がり、脚が足先まで続く錯覚を生む。

その反対に、ビジネス・フォーマル用のパンツに対してボリュームが大きすぎる靴を選べば、あるいは、カジュアル用のパンツに対してボリュームが小さすぎる靴を選べば、脚と足元が分断され、脚が短く見える。

日本において「革靴」あるいは「ドレスシューズ」と呼ばれる靴の多くは、ボリュームが小さすぎる。そのため、カジュアル用のパンツに合わない。カジュアル服に合う「革靴」「ドレスシューズ」を作るなら、ボリュームを出す必要がある。

だが、ただボリュームを出せば良いということではない。

爆音でジャズが流れるバー、旅先、嵐の中、森の中。こういったシチュエーションだけに対応するなら、アウトドアやストリート等、限られたカジュアル服だけに合えば良い。限られたカジュアル服だけに合う革靴を作るなら、ただ甲を高くする、ただ幅を広くするといった、単純なアプローチでボリュームを出せば良い。

そのバーを出て、ホテルのラウンジで飲み直す。旅先で老舗旅館に泊まる。森の中でプロポーズをする。こういったシチュエーションにも対応し、「あらゆる時に、あらゆる場所で」を現実にするためには、アウトドアやストリートから、モード、コンサバ、ドレスカジュアルまで、幅広いカジュアル服に合うべきだ。幅広いカジュアル服に合う革靴を作るなら、全てのパラメーターを徹底的に弄り倒すしかない。

当サイトで公開する靴の企画開発には、アウリールクラネルト、ウロスガリエが参加している。彼らは、芸術家や舞台役者からの特殊なニーズに応えてきた。例えば、彫刻、絵画、カフェ、演目、衣装、様々なものに合わせて靴を制作してきた。

ギレスベルガーは、彼らの力を借りることで、幅広いカジュアル服に合う革靴を設計した。幅・奥行き・高さ・甲やトゥの丸み、ソールの厚さ、ソールの剛性、トゥスプリングの大きさ、脚長効果、素材の厚みや皺の入り方等、全てのパラメーターを調整し、プロトタイプを作る。プロトタイプを色んな服装に合わせて、修正点を発見し、再度プロトタイプを作り、再度テストをする。これを繰り返した。

オフィスや結婚式場、ルールを守って静かに過ごす場所で履くための靴を探しているなら、ロリス・ローゼンミュラーはベストな解ではない。より最適な解が他にある。例えばそれは、英国のビスポークシューズだ。

だが、自分を解放する場所で履くべき靴を探しているなら、ロリス・ローゼンミュラーがベストな解だ。そういった場所において、これよりも最適な解は他にない。

この靴は、ビスポークメーカーらしい美しさを持ちながら、カジュアル服に馴染み、全身をエレガントにブラッシュアップする。

普段履いているスニーカーやブーツを、ロリス・ローゼンミュラーでリプレイスすることで、日常はもっと上質なものになる。

ロリス・ローゼンミュラーのバックエンブレムおよびダブルウエルトの意匠は、ハーグ協定・ジュネーブ改正協定により、国際的に意匠保護されています。類似の意匠を含む製品の生産および販売は法律で禁じられています。