menu menu
Loading

ともに生き、ともに歳を重ねるもの

Elmar Blon, Gießbach München
翻訳:Kohki Kazami

ロリス・ローゼンミュラーは、あらゆる時に、あらゆる場所へ履いていけるものだ。ともに生き、ともに歳を重ねるものだ。

あなたがこれから手に入れるものは、ただの靴ではない。人生の伴侶だ。

ロリス・ローゼンミュラーは、19世紀ケルンのビスポークメーカー、ロリス・ブーツの思想を継承している。

ロリス・ブーツの靴には、アウトドア使用上の目的から、踵部分にエンブレムが付与されていた。やがて、このエンブレムは、実用上の役割だけでなく、特別な愛着を生む役割を果たすようになった。

当時、ケルンの街では、多くの人々が、人生の節目にロリス・ブーツを買った。"Rolis" と刻印されたエンブレムを名札に見立て、人生の伴侶にした。ロックシンガーが一枚の革ジャンを着続けるように、その靴と一心同体になった。靴とともに埋葬された人々もいる。

人々は、ロリス・ブーツとともに生き、ともに生涯を終えた。

ロリス・ローゼンミュラーは、これに倣って、エンブレムをデザインした。

このエンブレムは、ボックスカーフで制作されており、取り外し可能である。ワックスやクリームでケアしながら、リベットやソールを交換しながら、使い続けられるものだ。

ただの靴であれば、名前は要らない。だが、人生の伴侶であれば、名前が要る。

ロリス・ローゼンミュラーのバックエンブレムおよびダブルウエルトの意匠は、ハーグ協定・ジュネーブ改正協定により、国際的に意匠保護されています。類似の意匠を含む製品の生産および販売は法律で禁じられています。