menu menu
Loading

あらゆる時に、あらゆる場所で

Elmar Blon, Gießbach München
翻訳:Kohki Kazami

ロリス・ローゼンミュラーは、ドイツのビスポークメーカー、ギレスベルガーによって生産される。

ギレスベルガーの靴作りは、ビスポークメーカーらしい美しさと、タフネス(頑丈さ)、コンフォート(長時間の歩行における快適さ)を両立させたものだ。

強いアッパーレザーを採用し、アウトドア使用時のダメージや浸水に対する防御壁として、ダブルウェルトおよびトリプルソールを採用する。これらのタフネスを向上させるための仕様によっては、靴の重量が増す。そこで、その上でも高いコンフォートを実現するため、ブロンベルグ製法を採用する。

ブロンベルグ製法では、100以上の杭を一本ずつ手で打ち込み、底付けする。一歩歩く度、これらの杭には、それぞれ異なる大きさの圧力が加わる。その圧力によって、杭は少しずつ詰まっていく。そして、その詰まり具合に応じた力を足に返す。詰まり具合が大きいほど、より強い力を足に返す。

つまり、100以上の杭が、それぞれが受け止める圧力の大きさ、それぞれの詰まり具合に応じて、異なる大きさの力を足に返すようになるのだ。その中底は、あなたの身体に合わせて全てのコイルを一つ一つ調整した、特別仕様のベッドのようだ。

ロリス・ローゼンミュラーを履いて歩くことは、靴を作ることである。歩く度に靴が進化し、やがて、特別仕様の靴が完成する。その時、最高のコンフォートが実現する。

ロリス・ローゼンミュラーは、アウトドアでの使用だけでなく、長時間の連続歩行、何十年の履き込みをも想定している。人生を通して、あらゆる時に、あらゆる場所へ履いて行けるものだ。

そして、あなたが、その場所で、新しいものを見て、新しいことを知る時、 この靴も進化しているのだ。

ロリス・ローゼンミュラーのバックエンブレムおよびダブルウエルトの意匠は、ハーグ協定・ジュネーブ改正協定により、国際的に意匠保護されています。類似の意匠を含む製品の生産および販売は法律で禁じられています。